自己破産手続きは弁護士に依頼したほうが確実?弁護士が果たす役割

2018年3月27日

借金の負担

自己破産手続きは債務整理の最後の手段

借金が膨らんで返済が難しくなると、債務整理を検討することになります。

債務整理は借金や負債を減免するための手続きのことで、

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 特定調停
  • 自己破産

という4種類に分かれています。

その中でも、自己破産はよく名前も知られており、借金を帳消しにできる優れた手続きだと考えている人が多いですが、決してメリットばかりの夢の方法ではありません。

債務整理弁護士や司法書士など専門知識を持つプロに、自分にあった債務整理方法はどれなのか?自分で判断が難しい場合は、意見を求めるのも有効です。

自己破産のデメリット

自己破産を行えばほとんどの財産は没収されますし、仕事や旅行など日常生活が制限されることもあります。また、官報という国の広報誌に債務整理を行った事実が記載され、近所や職場の人に破産の事実を知られることもあるでしょう。

このため自己破産はあくまでも最後の手段とするべきで、安易に頼るのは危険です。

しかし、借金の返済に追われて生活に困窮し、どうしようもなくなった人にとっては最後の砦であることも事実です。借金を整理し、少しでも早く生活の再建を目指すことも非常に重要なので、必要だと判断したら具体的に検討を始めましょう。

素人が自己破産手続きをするのは難しい理由

裁判所

自己破産手続きは希望すればすぐに認められるものではなく、裁判所を通して複雑な手続きを行わなければなりません。

申し立てや書類の準備、作成に提出、裁判所との折衝などやるべきことは非常に多く、時間も労力もかかります。

また、自己破産を検討していることを聞きつけた債権者から一括返済を求められることもあり、こちらにも対応する必要があります。これらを全て素人である債務者が行うのは、現実的とは言えません。もちろん債務者が自ら手続きしてはいけない決まりはありませんが、スムーズには進められないということは覚えておきましょう。

ではどうすれば良いかというと、やはり豊富な専門知識を持つ弁護士に依頼するのが最適です。弁護士は債務整理を担当することも多く、裁判所や債権者とやり取りするノウハウも持っています。

全ての手続きを任せられるのは大きな魅力なので、自己破産を検討するなら弁護士に依頼することを前提に考えましょう。実際に依頼する場合は、自己破産が得意な弁護士に依頼することが大切です。得意分野なら不備も少なく順調に手続きを終えられるので、事前の弁護士選びは慎重に行ってください。

弁護士に自己破産手続きを依頼すると何をしてくれるか

弁護士

自己破産手続きを弁護士に正式に依頼すると、まず弁護士は受任通知を債権者へ発送します。これにより、債権者は受任通知を受け取った日以降は、債務者に対して取り立てが一切行えなくなります

これは法律上で決められている事項なので、債権者も受任通知を無視して取り立ててくることはありません。次に弁護士は債権者から取引履歴を取り寄せるのですが、同時に利息制限法に基づいた金利が守られているか再計算を行います。仮に上限を超えた利息を返済していた場合、過払い金返還請求を行ってお金を取り戻してくれます。

さらに裁判所への申し立てに必要な書類を準備して提出し、破産管財人との面接や債権者集会などに出席するのが主な役割です。法律知識を活かして説得力のある交渉が可能なため、債務者が自分で裁判所や債権者に説明するよりずっと自己破産が認められる可能性が高くなります。

また、受任している間は債務者に代わって各方面との対応を行ってくれるので、債務者は精神的にも大いに安心できます。自己破産やその後の生活について疑問や不安が出ても、その都度弁護士に相談できるため効果的なアドバイスも得られるでしょう。

弁護士に手続きを依頼するメリットと注意点

メリット

弁護士に自己破産を任せると、様々なメリットが得られます。受任した日から債権者の取り立てがストップするため、毎日の取り立てという恐怖やストレスから解放されますし、頼りになる専門家が付いている安心感から精神的な面でも落ち着きを取り戻せます。

さらに弁護士が作成した申し立て書類などは信頼性が高いと見なされるため、申し立てたその日のうちに破産手続きの開始が可能です。破産手続きが早く始まれば必然的に免責決定の確定が早まり、最短1ヶ月程度で正式に自己破産できます。債務者が自分で手続きを行うと、書類の信頼性をチェックすることから始まるため破産手続きの開始が遅れ、3ヶ月から1年ほどかかってしまいます。

少しでも早く人生の再スタートを切るためにも、手続きを早く進められるのは大きなメリットです。

一方、弁護士に依頼する上で注意すべきは弁護士費用がかかるという点だけです。弁護士事務所や案件の難易度によっても変わりますが、自己破産の費用は約20万円から50万円ほどかかります。

自己破産する人は経済的に困窮していることが多く、高額の費用が払えないと躊躇することもあるでしょう。ただ、費用の分割支払いに対応している弁護士も多いですし、公的機関から弁護士費用を借りることも可能なので大きなデメリットではありません。その費用を支払ってでもメリットの方が大きいので、費用の面で依頼を思い留まる必要はないでしょう。

自己破産において弁護士が果たす役割のまとめ

弁護士と聞くと裁判で争うのが仕事というイメージが強いですが、借金で困っている人を助けるのも弁護士の仕事の一つです。

弁護士が手続きや債権者との折衝を代行してくれることで、より確実に自己破産できるだけでなく債務者にとって様々なメリットが得られます。

それら全てが自己破産における弁護士の重要な役割なので、遠慮することなくまずは借金について弁護士に相談してみましょう。

Posted by eotfast