自己破産をすると住宅ローンが組めなくなる!は本当か?

2018年3月7日

自己破産を知っておく

お金を借りたら返す、というのは当たり前のことですが、生活状況によっては返すのが難しくなってしまうこともあります。それでも必死に返す努力をするのは当然ですが、どうしても無理だと思ったときは、早めに専門家のアドバイスを受け、適切な対応を取らなければなりません。

いくら悩んでいても、返す金額が少なくなるわけではないのです。時間が経てば経つほど、借金の総額は膨れ上がってしまいます。

ただし、借金問題を解決する方法には複数の方法があることに注意が必要です。状況に応じて、もっとも適切な方法を選ぶことが求められます。自分で正しい判断をするのは極めて難しいため、専門家に頼ることが大切なのです。

借金問題を解決する方法の1つとしては、自己破産という手続きが挙げられます。

適切な手続きを進めれば、借金問題が早期に解決できるのですが、メリットだけではなくデメリットもあることに注意しなければなりません。安易な気持ちで手続きを進めてしまうと、後になって予想外のデメリットに気づき、苦労することになるのです。

自己破産の手続きを取る場合は、弁護士や司法書士といった法律の専門家に相談することが欠かせません。なぜなら、自分で勝手に借金を帳消しにすることはできず、裁判所に認めてもらう必要があるためです。

普通の人は、裁判や法律に関する知識が乏しいため、スムーズに手続きを進めることが容易ではありません。弁護士などに手続きを依頼すれば、スピーディーに借金問題の解決を図ることができるのです。また、どのようなデメリットがあるのかについて、正確な話を聞くこともできるため、安心感があります。

自己破産は、借金を返済することが不可能になったと裁判所が認めたときに、本来なら返すべきお金を返さなくても済む手続きです。言うまでもなく、お金を貸している側から見れば極めて不利になる手続きなので、認めてもらうためには厳しい条件があります。

この部分に、お金を借りている側にとってのデメリットがあるわけです。たとえば、持っている財産のうち一定以上の価値があるものは手放さなければなりません。財産を換金し、債権者への返済に充てることになるのです。したがって、財産を手放したくない人は、他の方法で借金問題を解決しなければなりません。

信用情報機関に情報がのるデメリット

また、自己破産の手続きを取った場合、信用情報機関という機関に情報が残ってしまいます。一定の期間は、住宅ローンなどのローンを組むことが不可能になるのです。もちろん、生涯にわたって住宅ローンが組めなくなるわけではないのですが、これから住宅を手に入れたいと考えている人の場合、大きなデメリットだといえます。

基本的には、自己破産の手続きが完了してから10年間、住宅ローンを組むことができません

ただし、あらゆるローンが10年というわけではなく、5年が経過すれば組むことができるケースもあるため、個別に確認することが大切です。

逆にいえば、自己破産しても、10年たてば、住宅ローンを組むことも場合によっては可能になるのです。

気をつけなければならないのは、住宅ローンの問題は新たに住宅を購入したい場合だけに生じるものではないことです。既に住宅を所有している場合、一定以上の価値がある財産に該当するため、その住宅は住宅ローンを支払っている最中であっても手放すことになってしまいます。住宅を手放すことと引き換えに、抱えているローンなどの債務が免除されるわけです。

このように、自己破産をすることで借金問題が解決できるメリットがある反面、大きなデメリットもあることが分かります。安易な気持ちで手続きを進めるのではなく、もっとも適切な方法が何なのかを考えなければなりません。とりわけ住宅ローンなどは生活に直結する問題なので、冷静な判断が求められます。